毎日のケアにプラスワン、安くてお得なコットンで簡単手作りパック!

毎日のケアに取り入れることでお肌の状態をグンと良くしてくれるコットンパック。
そんなコットンパックに少し工夫するだけでもっと楽しく効果的に
美肌を手に入れることができますよ。
まず基本的なコットンパックとして、コットンにたっぷりの化粧水を含ませて行う
コットンパックがありますよね。
ただ単に化粧水を塗るよりも浸透力がアップしますし、肌にうるおいを閉じ込めてくれます。
さらっとした化粧水の放置時間は1~2分、濃厚なタイプは10分程度と
化粧水の種類によって放置時間は変えるようにしてくださいね。
毛穴が気になる!というときにはコットンに炭酸水を含ませた炭酸水パックがおすすめです。
炭酸水には肌の汚れを取り去り毛穴を引き締めてくれる効果があります。
炭酸水にコットンを浸し顔にのせたら3~5分放置すれば毛穴がきゅっと引き締まりますよ。
炭酸水は必ず砂糖の入っていないものを使用してください。
美白を目指す方には紅茶パックがおすすめ。
紅茶にはシミやたるみの防止や抗酸化作用などうれしい効果がたくさん。
濃いめに出した紅茶を冷ましてコットンに浸し10分ほど置けば肌がワントーン明るくなったのを
実感できるはず!
飲むだけでなくパックとしても利用できる紅茶は常備しておくべきですね。
ニキビやくすみ、鼻の黒ずみや毛穴の悩みなどオールマイティな悩みに使えるのが
ヨーグルトパック。
ヨーグルトパックはプレーンのヨーグルトにオリーブオイルや小麦粉などを
少量混ぜて使用します。
放置時間は5~10分が目安です。
このようにコットンパックはコットンに浸すものを変えるだけ色々な効果が期待できます。
毎日のケアにコットンパックを追加して周りと差をつけましょう!

食べ物から得られる快眠効果

睡眠には生活習慣が関係している、ということはかなりの人が知っていながら
なかなか変えることが難しいもの。
しかし食習慣なら努力すれば変えることができると思いませんか?
睡眠の質を高めてくれる食べ物があるならその食べ物を食べようと思いますよね。
実は睡眠の質を高めてくれる栄養素は普段の食事で食べているものに
たくさん含まれているんです。
例えば乳製品や大豆製品、ナッツ類、バナナ、はちみつなど。
これらの食品には「トリプトファン」という睡眠の質を高めてくれるアミノ酸が
含まれているんです。
このトリプトファンは人間の体では生成されないものなので食事からしかとれません。
言い換えればこれらの食品を食べればトリプトファンが生成され
睡眠効果が得られるということ。
そのほかにも「マグネシウム」や「カリウム」も不足すると
なかなか寝付けなかったり熟睡できなかったりと不眠に大きく関係しています。
バナナにはマグネシウムやカリウムも豊富に含まれているので
不眠解消にもってこいの食材ですね。
就寝1時間前にハーブティやミルクなどにはちみつを入れて飲んだり
バナナなら半分程度食べれば快眠効果が期待できます。
不眠でお悩みの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

自宅でのヘアケアで湿気に負けない髪をつくろう!

雨が多い今の時期、湿気で髪の毛がごわごわ、髪のうねりが気になって気分が憂鬱…
ってひとも多いのではないでしょうか。
そんな髪の毛の悩みに自宅でできるヘアケア方法をご紹介。
少しお手入れを頑張れば、雨の日もへっちゃら!な髪の毛を手に入れることができますよ。
まず、湿気で髪の毛がうねったり広がってしまうのは
髪の毛が傷んでしまっているからです。
ダメージを修復して湿気に耐えられる髪の毛を作ることがひとつめのポイントです。
ダメージを修復するにはまず入浴前のブラッシングからしっかりと行うことが大切です。
ブラッシングをすることで髪のほこりや汚れを落としたり、髪のほつれを取って
シャンプー時に髪の毛が絡まるのを防ぐことができます。
そして基本のシャンプーは頭皮の汚れをしっかり落とすことが大切なので
頭皮をしっかり洗うことを意識して洗いましょう。
またシャンプーを行う時間は朝より夜が適しているので夜しっかりと
洗ってくださいね。
そしてトリートメントは毛先から中間にかけてしっかりなじませましょう。
そしてすぐに洗い流さず5分ほど置くことでよりトリートメントの効果が得られます。
また時間があるときはトリートメント時にラップを頭に巻いてよりトリートメントを浸透させましょう。
最後にドライヤーの方法ですが、頭皮から毛先の順に乾かします。
髪の毛が半分くらい乾いたらヘアオイルや流さないトリートメントをつけてその後最後まで乾かしましょう。
髪の毛のケアって書き出してみると結構基本的なことばかりで難しいことはあまりありませんが
実際になると面倒くさくなってしまったりすることも多いですよね。
しかしそんな少しの手間を毎日ちゃんと行えば髪はその努力に答えてくれるはず!
しっかりケアして湿気に負けないサラサラヘアを手に入れましょう。

基礎代謝を上げてダイエットの必要なし、な私になろう!

基礎代謝とは私たち人間の内臓を動かしたり体温を維持するために使われるエネルギーのことで
動かなくても消費されるカロリーのこと。
その基礎代謝を上げることでダイエットの効率があがったり、ダイエットしなくても
ほっそり体系をGETすることができるかもしれません。
そんな基礎代謝を上げるための習慣を身につけませんか?
基礎代謝をアップさせるためには水をたくさん飲むことが良いとされています。
水を飲むことによって体温は下がりますが、脳は体温を上げようとするので
エネルギーを使うのです。そのエネルギーを使うために基礎代謝もアップするというわけです。
水を飲む量は一日1.2~1.7リットルが良いとされているのでこまめな水分補給を心掛けましょう。
また、呼吸方法を意識するだけでも基礎代謝はアップします。
呼吸が浅い人は内臓の代謝も落ちるので基礎代謝も低下します。
呼吸は腹式呼吸を心がけ深い呼吸をするようにしましょう。
そして食生活を変えることでも基礎代謝は上がります。
たんぱく質には基礎代謝を上げる作用を持っているのでお肉や魚介類、チーズなどを
積極的に食べると良いでしょう。
ダイエット中だからお肉は食べない、というのは大きな間違いなので気を付けてくださね。
お風呂はシャワーだけで済ませず、しっかり湯船につかることで
汗をたくさんかけるので基礎代謝が上がります。特に半身浴は効果的。
お風呂にゆっくりつかることはリフレッシュにもなるのでぜひ湯船につかりましょう!
基礎代謝を上げるために意識することは簡単なことばかりです。
また基礎代謝はなにもしないと加齢とともに低下していくばかりなので気を付けてくださいね。

学ぼう!日焼け止めの正しい落とし方

最近紫外線が強くなり、お肌のためにも日焼け止めを塗っている人が多いと思います。
もちろん美肌、美白のために日焼け止めを塗ることはとっても大切ですが
日焼け止めを塗ることだけに満足してしまっていませんか?
日焼け止めをしっかり塗ったなら、その後その日焼け止めを
しっかり落とすことが大切なんです。
なぜなら日焼け止めが肌に残った状態が続くと毛穴が詰まり、ニキビや黒ずみの原因に
なってしまうからです。
せっかく美肌の為に日焼け止めを塗っているのに、
日焼け止めのせいで肌荒れを起こしてしまったら意味がないですよね。
では日焼け止めをしっかり落とすにはどうすればいいのか。
まず日焼け止めおパッケージを確認して、その日焼け止めはどういった落とし方が
正しいのかを知ることが大切です。
基本的に専用リムーバーが必要のない日焼け止めを使用している場合はクレンジングや
洗顔で落としましょう。
お湯で落ちるタイプの日焼け止めでも一日の汚れを落とすためにも
クレンジングで落とすことをおすすめします。
専用リムーバーが必要なものであれば専用リムーバーを使いましょう。
そしてしっかりと落とす=ごしごし洗う、というわけではないのでご注意を。
クレンジング料や洗顔料をやさしく肌になじませ、すすぎをしっかり行ってくださいね。

夏、見つめられても大丈夫!暑さに負けないサラサラフェイスの作り方

夏になると汗をかいてべとべとドロドロの肌に…。
そんな顔、近くで見られるなんて嫌ですよね。
そんな暑い夏でも自信を持てるサラサラ肌でいられるように
夏用のメイクやケアにチェンジしましょう。
化粧の仕上げにルースパウダーやベビーパウダーを使うと
肌のテカり皮脂を抑えてくれます。さらに肌のトーンアップにもなるので
化粧の仕上げにはルースパウダーやベビーパウダーがおすすめです。
さらにパフではなくブラシを使うことで粉のつき過ぎを防ぎ厚付きを防ぎ
素肌っぽく仕上げてくれるのでブラシを使うことをおすすめします。
さらによりサラサラフェイスに近づけるにはチークもクリームタイプのものより
パウダータイプを使用するのがGOOD。
顔の皮脂やテカりをおさえてくれます。
さらに化粧方法だけでなく普段の食生活や洗顔方法を見直すことも
肌のテカりを抑えることができます。
スナック菓子やインスタント食品などは手軽でついつい食べてしまいがちですが
皮脂の原因となるので食べ過ぎには注意が必要です。油をとるならアドカドやナッツ類など
良質の油をとるようにしましょう。
また皮脂が気になるからと脂や皮脂を取りすぎてしまう行為はNGです。
洗顔のし過ぎや脂取り紙の多用は皮脂を取りすぎて逆効果になってしまいます。
化粧法やスキンケアに気を付け、夏でもサラサラの肌を手に入れましょう。

むくみを放っておくと恐ろしいことに…。脚キレイ、のためのむくみ改善メゾット

夏が近づき脚を見せことが多くなるこの季節。
むくんで太くなってしまった脚では自信を持つことができませんよね。
さらにむくみは脚を太くするだけでなく冷え性を悪化させたり、便秘につながったりと
沢山の悪い影響をもたらすんです。
そんなむくみを今すぐ改善するためのメゾットを紹介します。
むくみに効果的なものとして挙げられるのが漢方です。
漢方は利尿作用を高め余分な水分を体外に排出してくれる効果があります。
漢方にもたくさんの種類がありますが、むくみのタイプによっておすすめの漢方は異なります。
立ち仕事やデスクワークでむくむ方には防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)。
トイレにあまり行かない、体に水を溜めこみやすい方には猪苓湯(ちょれいとう)。
体の冷えからむくむ方には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)がおすすめです。
漢方はお薬なのでドラッグストアで買う場合は薬剤師さんと相談しながら購入されることをおすすめします。
次にむくみを撃退するにはマッサージも重要なものになります。
とくにふくらはぎはむくみやすいので入浴中や寝る前などしっかりマッサージしましょう。
最後に普段の食事でもむくみ対策を行うことができます。
むくみに効果的なカリウムは利尿作用があるのでカリウムを多く含む
バナナやアボカド、ほうれん草、さつまいも、海藻などを積極的に取り入れていきましょう。
逆に塩分のおおい食品やアルコールなどむくみを引き起こしてしまう原因となるので注意しましょう。
毎日のケアでむくみを取って自信の持てる脚になってくださいね。

ちゃんと鼻呼吸してる?呼吸を変えるだけで顔が変わる!

あなたの呼吸は口呼吸ですか?鼻呼吸ですか?
気が付くと口が半開きだったり、口が乾きやすかったり、いびきをかきやすい…
なんて人は口呼吸をしてしまっている可能性があるので要注意。
口呼吸は口臭の原因になったり顔の筋肉がたるんでしまったり、健康にも美容にも
悪いことばかりなんです。
口呼吸から鼻呼吸に変えるだけで小顔効果があったり顔の歪みが治ったり、病気になりにくくなったり
たくさんのメリットがあります。
美人になるための絶対条件といっていいほどの鼻呼吸。
口呼吸の人が鼻呼吸に変えるには意識して呼吸する必要があります。
鼻呼吸に変えるためにどうすればいいのかを紹介していきます。
まず鼻呼吸を行うメリットを知れたなら、鼻呼吸にかえようとする意識が大切です。
自分が口呼吸していないか常に意識しましょう。
また睡眠時の呼吸を意識するのはなかなか難しいものですが、ドラッグストアなどで専門のグッズなども
販売しているので活用しましょう。
また鼻呼吸に効果的な「あいうべ体操」というものがあります。
これは日常的に口があいてしまうという方におすすめの体操。
あいうべ体操を行うことで口の筋力がアップし口を閉じる力を付けることができます。
方法はとても簡単。
まず「あー」と思い切り口を開き、「いー」「うー」も大きく口を動かし行います。
最後に「べー」で思い切り舌を出すだけ。
あいうべ体操は小顔効果もあるのでぜひ行ってみてくださいね。
呼吸は常に行うもの。その呼吸を正しく行えば、きっとあなたの顔は変わるはずです。

ダイエットの概念を覆す、間食推奨ダイエット!!

ダイエットってたくさんの方法がありますよね。
私自身も色々なダイエット方法を見てはやってみようかな、と思いつつも
やはり運動や食事制限などストレスを感じそうなダイエット方法が多く
やる前から諦めてしまったり…(笑)
そんな中でこれならストレスをあまり感じずにできるんではないか!?
と思えるダイエット方法を発見しました。
それが「スナッキング・ダイエット」というもの。
このスナッキング・ダイエットとは毎日の朝・昼・晩の食事に加えて
タイミングよく間食をりながらダイエットする方法なんです。
なんとこのダイエット法、あのミランダ・カーも実践していると
今注目のダイエット方法なんですよ。
ではなぜ間食をすることがダイエットに繋がるのか。
例えば昼食と夕食の間隔が6~7時間あるとすると、夕食を食べるとき
とてもお腹が空いた状態になりますよね。
この空腹な状態で食事をすると、一気に血糖値が上昇し
糖の吸収率が増加してしまうんだそうです。
そこで間食を取り入れれば、空腹感が減らせて一気に血糖値が上がることも防げるのです。
また空腹からのドカ食い防止にも繋がります。
間食にふさわしい食べ物として
・ナッツ
・ドライフルーツ
・グラノーラ
があります。
ヨーグルトなどに入れて食べるのもおすすめです。
そして間食を行うタイミングですが、昼と夜の間がgood。
毎日の食事にうまく間食を取り入れて、無理せず楽しくダイエットできるといいですね!

ニキビ肌は一度スキンケアをやめて自分の肌を強くすべし!

私は10代の頃からニキビにずっと悩んできました。そのため、アクネ菌を殺し肌を清潔に保つアルコールや硫黄の入ったスキンケア化粧品をずっと使ってきました。ニキビ肌専用のスキンケア化粧品は、成分が強いのか肌が乾燥したり、夕方になると肌が乾燥しているにもかかわらず油ぎったりと、とても扱いにくい状態でした。いつものニキビ肌専用の化粧品を買いにいくと、CFBというメーカーの化粧品の販売員に出会いそこの化粧品を勧められました。。CFBの化粧品はニキビ肌の人向けの化粧品ではないけど、ニキビが改善された人がたくさんいるので是非試して欲しいということで、そこの化粧品を買うことにしました。まずそこの販売員に勧められたのが、メイク落としとそのメイク落としのワックスをとかすローション、そして洗顔フォームでした。そして、化粧を落とすだけで、2週間その他のスキンケアは行わないでと言われとても勇気がいりましたが言われる通りにしました。1週間目は肌に栄養が足りなくなり乾燥しニキビもたくさんできましたが2週間から不思議とニキビが落ち着きました。そのあと、CFBのローションと美容液を使いスキンケアをしたところニキビも乾燥も改善され会社の人から綺麗になった?と言われるほど肌が綺麗になりました。保湿などを2週間行わないことで本来自分が持つ肌の力を上げてから、化粧品を使うことで以前よりニキビや乾燥に強い肌になりました。